iPhoneの標準カメラでセルフタイマー撮影をする方法

timer1

iOS8になり、iPhoneの標準カメラアプリには、新しい機能がいくつか追加されました。
その1つが『セルフタイマー機能』です。

多くのカメラアプリが開発され、App Storeで販売・提供されているので、それぞれに自分好みのものを探し見つけていることでしょう。ですが、iPhoneの標準カメラも、シンプルながらも機能性高いので、とてもオススメなのです。

ここでは、iPhoneの標準カメラでセルフタイマー撮影をする方法をご紹介します。

シャッターを切るタイミングを選べる

まずはカメラアプリを起動させてください。
写真モードか、スクエアモードにして撮影をします。


timer2

画面上部に『タイマー』ボタンをタップすると、セルフタイマーの設定画面が表示されます。
設定できるタイマー時間は《3秒》または《10秒》です。どちらかをタップして設定してください。


timer3

設定したらシャッターボタンをタップしましょう。設定した秒数のカウントダウンの数字が画面に表示されます。

ここで注意点ですが、iPhone 5s/6/6 Plusでは、バースト(連写)撮影されます。撮ったあとはお好みで写真を保存してください。iPhone 5c/5/4sでは、1枚撮影です。あしからずご理解ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一昔前では考えられなかった「動画が見放題」というサービスが増えてきていますね。 そこで「iPh…
  2. なんとも下世話な内容ですが「ブログでいくら稼げるの?」「稼げるなら自分もやってみたい」と思っている人…
  3. 使い終わったApple製品ってなかなか捨てられませんよね。デザインも美しい製品ですのでずっと使いたい…
  4. mzl.upijcuax.320x480-75
    「これ買ってまじ良かったよ!(通称:これまじ!)」さんで「Action Movie FX」という面白…
  5. mzl.modzqcwg.320x480-75
    昔熱中したあのゲームをもう一度やってみたい!そんな願いが叶うかもしれないiPhone・iPadで遊べ…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る