iPhoneのカレンダーにある「出席依頼」の機能と使い方

attend1

イベントの主催者、飲み会の幹事など、参加者の出席を取ることって大変ですよね。人数が多ければ多いほどに、「あれっ?誰々出席だったっけ?」って確認作業が増えるかと思います。

そんな時には、iPhoneのカレンダーアプリは活用できます。主催者は出席依頼を参加者に送ります。そして参加者はアプリ上で《出席・欠席》を選択して返信するだけなのです。

管理はアプリが自動で行ってくれるので、とてもお手軽です。

カレンダーを同期させる

まずはiCloudのカレンダーをオンにしておきましょう。(Microsoft Exchange・一部のCalDAVサーバーでも使用可能です。)
この作業をしたら、参加者に出席依頼を送れます。

設定アプリを開き《 iCloud > カレンダーをオン 》という手順で進めてください。

出席依頼を送信する方法

  1. カレンダーアプリを開いて、新規イベントを作成する。
  2. 新規イベント画面で、『予定出席者』をタップしする。
  3. 参加者を選択して『+』をタップする。選択が終わったら『完了』をタップする。


attend2

これで参加者からの返信を待つだけです。

出席依頼の返信を確認する方法

カレンダーアプリを開いて、作成したイベントをタップします。


attend3

イベント詳細画面には、参加者からの返信が表示されています。また『予定出席者』をタップすると、マーク表示されています。

出席予定はメールで送ることも可能です。
そして欠席者から受け取った際は、通知もされます。

ここから再び返信をしたりと、主催者側にとっては一元管理できる嬉しいiPhoneの機能だと思いますので、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一昔前では考えられなかった「動画が見放題」というサービスが増えてきていますね。 そこで「iPh…
  2. なんとも下世話な内容ですが「ブログでいくら稼げるの?」「稼げるなら自分もやってみたい」と思っている人…
  3. 使い終わったApple製品ってなかなか捨てられませんよね。デザインも美しい製品ですのでずっと使いたい…
  4. mzl.upijcuax.320x480-75
    「これ買ってまじ良かったよ!(通称:これまじ!)」さんで「Action Movie FX」という面白…
  5. mzl.modzqcwg.320x480-75
    昔熱中したあのゲームをもう一度やってみたい!そんな願いが叶うかもしれないiPhone・iPadで遊べ…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る