iPhone同士ならAirDropで連絡先や写真・ビデオが超簡単に共有できる

airdrop1

iOS7から搭載された『AirDrop』は、近くにいる友人などと写真・ビデオや、連絡先を簡単に共有できる機能です。
もちろんiPhoneを持つユーザー同士だけですが、気軽に共有できるので有効活用できるでしょう。
※iPhone5以降のモデルが対応しています。

ここでは、iPhoneユーザー同士でAirDrop機能を使い、連絡先や写真・ビデオを超簡単に共有できる方法をご紹介します。

コントロールセンターにアクセスしてAirDropを有効

iPhoneの画面下部を上部にスワイプさせてコントロールセンターを表示させましょう。


airdrop2

『AirDrop』をタップして、共有範囲を選択します。

  • オフ
  • 連絡先のみ(近くにいるiPhoneユーザーで連絡先に登録している人のみ)
  • 全員(近くにいるiPhoneユーザー全て)
※相手のAirDrop機能がオンになっている必要があります。
※連絡先のみを選択する場合は、iCloudにサインインする必要があります。

AirDropを使って、ユーザー同士で共有する

写真やビデオなど、共有したいデータを選択してください。
画面左下にある『アクション』アイコンをタップします。


airdrop3

データを送信したい相手を選択してください。その相手が受信を承諾すると送信が開始されます。
逆にそのようにAirDropでデータが送信されてきたら、『受け入れる』を選択すると受信できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一昔前では考えられなかった「動画が見放題」というサービスが増えてきていますね。 そこで「iPh…
  2. なんとも下世話な内容ですが「ブログでいくら稼げるの?」「稼げるなら自分もやってみたい」と思っている人…
  3. 使い終わったApple製品ってなかなか捨てられませんよね。デザインも美しい製品ですのでずっと使いたい…
  4. mzl.upijcuax.320x480-75
    「これ買ってまじ良かったよ!(通称:これまじ!)」さんで「Action Movie FX」という面白…
  5. mzl.modzqcwg.320x480-75
    昔熱中したあのゲームをもう一度やってみたい!そんな願いが叶うかもしれないiPhone・iPadで遊べ…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る